新着順:74/597 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: Dジェトロ 不具合

 投稿者:うんちく  投稿日:2014年 9月 8日(月)09時14分48秒
  通報 返信・引用
  > No.540[元記事へ]

石井さんへのお返事です。

当方の車両は同じ丸目4灯ながら52年式XC改G180WE2リットルのLジェットロなので適切なアドバイスは出来ませんが・・・・

> 症状が出た際にプラグを確認すると
> 2番・4番がすすけて真っ黒になっていました。
> (1番・3番の時もあります)
2~4と1~3で燻りが入れ替わる所を見るとECUの可能性大ですが本体以外は点検されましたか?
インジェクターとECUを接続するケーブル両端のコネクタは経年による劣化が激しく、特にインジェクタ側のコネクタピンが激しく錆びているケースをよく見受けますので念の為に点検及び清掃をして下さい。
 但しCRC等を使用するととりあえず綺麗にはなりますがその後激しく埃等を吸い寄せますのでIPA等を使用し丹念に清掃して下さい。

> 整備士さんにいろいろ調べてもらったところ(燃料系・点火系・吸気系・ECUハンダ・錆関係さまざま)
> 助手席の足下に付いているDジェトロのECUを交換して
> 結果を見てみたいということになりました。
 Lジェットロ用のECUでさえ相当以前に製造廃止になってますのでDジェットロだと尚更。
よって選択肢としては1,キャブ化する2,ハルテック等の汎用ECUを使用する3,現状のECUを修理する、この三点しか無いと考えられます。
 この中で「ECUを修理する」ですが当方もLジェットロながらECUに不具合が生じて自前修理しその後再発してません。
 他の障害例を含め原因としてはプリントパターン切れかハンダ割れが原因である場合が殆どでした。
 検証のしかたですがドライバーの柄に厚めにゴムを巻きECUを軽く叩いて障害を再発(その逆も有)させて見て下さい。
 首尾よく再発が確認出来たらその場所にマジック等で印を入れて筐体から基盤を取り出しプリントパターン側を虫眼鏡で観察してハンダ割れやパターン切れをチェック。
 但し目視で判るケースは殆ど無く結局アヤシイと思われる場所のハンダを一旦全部吸い取り再びハンダを入れなおすコトになりますので根気良くやって下さい。
 また再ハンダに使う半田は銀ハンダでは無く必ずローズ指令違反の鉛ハンダを使わないと逆に基盤を壊す事になりますので注意して下さい。
 少々厄介な作業に聞こえるやも知れませんがノンビリやって半日もかかりませんし、自己の例を含め上記作業でECUが復旧したケースが他にも数例有りますのでトライする価値は有ると思います。
 http://g200we.homelinux.com/~nob/web/PIAZZA_ECU_Repair/index.html
 こちら辺りでも似た様な事をやって修理に成功してますので参考にされて下さい。

> ※添付画像の赤い囲いの部品も不具合の可能性があるとの事です。
> (名前を教えてもらったのですがスイマセン)
 何だろ?位置関係からすると多分燃ポンだと思われますが?
だとすれば純正はもうアウトでしょうけど燃圧(2.5Kg/cm2以上)が適合すれば他社製品でも使える部品は幾らでも有ると思いますよ。

> 枕を濡らす毎日です。
 次はゼヒ修理して汗で額を濡らして下さいマシ。
 でわでわ!
 
》記事一覧表示

新着順:74/597 《前のページ | 次のページ》
/597