teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


議政府軽電鉄破産申請へ

 投稿者:じょしゅ  投稿日:2017年 1月14日(土)15時11分44秒
返信・引用
  御サイトで取り上げた議政府軽電鉄が経営不振で裁判所に破産申請するそうですね。
ただ中央日報の記事にある通り、すぐに運行を停止しないそうです。
利用者にとって使い勝手が良くなかったんでしょうか。

でたらめな予測が作った韓国軽電鉄…6767億ウォン使って破産申請(中央日報)
ttp://japanese.joins.com/article/609/224609.html


 
 

South Island Line

 投稿者:3av151  投稿日:2016年12月28日(水)21時28分6秒
返信・引用
  South Island Line is open today
So I go to try to take it
All Train is made in China
And one set of Train has stick some animal stickers
 

2016年の終わりに

 投稿者:nobu  投稿日:2016年12月27日(火)00時47分41秒
返信・引用 編集済
  2016年も残りわずかとなりました。最後に色々とお知らせして2016年を締めくくりたいと思います。

【最近のブログ記事】
・2016年10大ニュース総決算を公開しました
http://blog.livedoor.jp/nobutyannnobu/archives/50020288.html

・JR西船橋駅のトイレが再度改修されました
http://blog.livedoor.jp/nobutyannnobu/archives/49070060.html
(画像は西船橋駅NEWSに掲載しても構いませんが、掲載が完了したらコメントでお知らせしていただければ幸いです)
・こちらも第8回東葉家族車両基地まつりに行ってきました
http://blog.livedoor.jp/nobutyannnobu/archives/49843241.html
(昨年も行きましたが時間の都合上記事執筆は行っていません。上記記事には昨年の様子も含まれています)
・JR千葉駅新駅舎のトイレとペリエ千葉エキナカ3階を見てきました
http://blog.livedoor.jp/nobutyannnobu/archives/50057743.html
・東葉勝田台駅のトイレが改修されました(開業20周年記念の一環で改修)
http://blog.livedoor.jp/nobutyannnobu/archives/49892151.html

■画像
1枚目:第8回東葉家族車両基地まつり臨時列車
2枚目:千葉駅新駅舎開業HMを装備した209系
3枚目:JR東日本「幕張車両センターフェスティバル・マリフェス」

本年も最後までご覧いただき、ありがとうございました。
 

South Island Line

 投稿者:AVBE54  投稿日:2016年12月18日(日)00時57分37秒
返信・引用
  South Island Line (Admiralty - South Horizons) is announced to be opened at 28 December.  

東西線の状況。

 投稿者:あもーれ  投稿日:2016年12月12日(月)21時06分52秒
返信・引用
  こんばんは。
先日、05系38FもフルカラーLED、車内蛍光灯LED化が完了し出場しました。
39Fもまもなく離脱、工事を開始するものでしょう。
一方、05系30F以降の編成、15000系にはLED蛍光灯が波及してないので今後の動向に注視しています。
 

KORAILダイヤ改正

 投稿者:MAKIKYU  投稿日:2016年12月 8日(木)20時37分7秒
返信・引用
  韓国では明日からKORAILダイヤ改正を実施、列車の運行系統変更も多数発生しています。

公式HPからダウンロード可能なexcelファイルを見ただけでも、KTXは京釜線系統・湖南線系統それぞれでソウル駅発着列車と龍山駅発着列車が存在し、列車によって発着駅が異なるため、今までよりも分かり難い印象。

日本の東海道新幹線が東京駅発→品川駅停車となる様に、KTXもソウル駅発(もしくは以遠の仁川空港か幸信発)→龍山停車で統一されれば分かり易い気もしますが、途中駅停車パターンだけでなく始発駅まで異なるとなると、利用者側としては非常に使い難い気もします。

またストの影響で運休列車が続出し、鉄道旅行がし難い状況が未だに続いていますが、新ダイヤでは今までソウル駅~新昌間を運行していたヌリロの運転がなく、代わりに湖南・全羅線列車2往復がヌリロに改められています。

龍山~益山間は湖南線方面と全羅線方面の列車が併結運転、益山で分割・併合を行うダイヤとなっていますが、スト期間中は一部列車運休となりますので2列車併結運転はスト終了後になるのは残念な限り。

全羅線列車の発着駅は2列車共に麗水expoですが、湖南線列車の方は光州発着と木浦発着列車が各1往復となっているのも特徴的と感じます。

ヌリロは編成数が少ない事から、今までに乗車したのは先月の訪韓時を含めても3回(o-train改造車を除く)しかなく、KORAIL列車線を走っている各列車の中でもお気に入りの一つながら、なかなか乗車機会のない列車と感じていますが、ストが収まり平常運転に戻った後に訪韓する機会があれば、湖南線・全羅線ヌリロは是非乗車したい列車の一つとも感じたものです。

(写真は先月乗車したヌリロ・前面窓ガラスに貼られた赤い貼り紙は現在のKORAILを象徴していると言っても過言ではなく、他列車でも同種の張り紙を貼りつけた列車を多数見かけたものでした)

http://blog.goo.ne.jp/makikyu

 

railsim

 投稿者: e235  投稿日:2016年11月29日(火)17時58分14秒
返信・引用
  このゲーム楽しいよ!!  http://www.aizentranza.com/railsim  

タイ初訪問

 投稿者:幻想夜行  投稿日:2016年11月28日(月)22時43分45秒
返信・引用
  この前、タイへ訪問しました。目的は夜行列車とそこで営業している食堂車を利用しての往復です。行きは「ナコーン・ピン」号特急、快適な新車で食堂車も吹きさらしでなく空調がいい、ただ食堂車がビュッフェ形式なのでそこで注文を取ってからメニューを運ばなければならず、一人だと席を取るのが難しい。相席の人に確保してもらうしかない。
一方、帰りは旧式の急行列車で、食堂車は売店に行かずとも直接職員に声をかけてメニューをとり、オーダーをして運んでもらうことができる。ただ、こちらの食堂車は吹きさらしなのでハエに襲われる可能性が有り、悠長に食事をしながら車窓を眺めることは不可能。
また、チェンマイ駅で行き帰りの待ち時間、よほど寒い時期ならともかく8時間ぐらい駅で待っているのは耐えられない。吹きさらしのため、ハエに襲われるからである。だから、夜行列車だけ目当ての人はホテルのロビーで気長に待つなど工夫するしかない。ちなみに駅前のホテルにあるカフェも吹きさらしであるため、暇つぶしには向かない。
鉄道趣味でチェンマイを訪問する人は、ハエ対策に留意した方がいい。
あと、帰りの列車はよく揺れるから、トイレも気持ち良くできるものではない。それに特急より遅い急行だったからバンコク市内に入ると停車駅が増えて、なおさら遅れが生じる。私が乗った時は45分ぐらい遅れてバンコクに到着した。
 

(無題)

 投稿者:Pierre2427(管理人)  投稿日:2016年11月27日(日)12時32分34秒
返信・引用
  ■京成電鉄3700形さん
ご提案頂きましてありがとうございます。
ただ、残念ながら「西探」については当方が西船橋から離れてしまったのと、
制作にかける体力・気力・時間がないため、
更新する予定はありません。ご了承ください。

■MAKIKYUさん
SRT試乗列車の貴重な画像ありがとうございます。
ブログの記事も拝見致しました。
開通が待ち遠しいです。
私も来年早々に、SRTと東海電鉄線に乗りに行きたいと思っています。
 

最近の韓国新路線

 投稿者:MAKIKYU  投稿日:2016年11月26日(土)11時54分17秒
返信・引用
  こんにちは。

こちらは今月韓国へ足を運ぶ機会があり、知り合いがSRT試乗の乗車券を余計に押さえているので一緒に…という誘いもありましたので、絶好の機会とばかりに水西~木浦間のSRT試乗列車に乗車したものでした。

列車の外観はロゴを除くと、昨年登場した白色と紫色のKTX-山川(ダリアン)と大差ない印象でしたが、座席などは昨年乗車したダリアンとは異なったものとなっており、一般室でも1両だけ異なる形状の座席が装備されていたのも興味深いものでした。

SRTの起点となる水西は、ソウル駅や龍山駅周辺などからのアクセスは難ありと感じたものの、江南一帯からはソウル駅や龍山駅へ出るよりも格段に便利、またSRT新規開業区間の途中に設けられる東灘と芝制の2駅周辺もKTX駅までのアクセスは良好とは言い難い地域ですので、これらの地域からの高速鉄道利用利便性は大きく向上すると感じたものでした。

またSRT試乗以外にも仁川2号線や空港の磁気浮上鉄道、京江電鉄線をはじめ、水仁線・新盆唐線・大邱1号線の延伸区間にも乗車、釜山1号線でも主回路更新車に初めて乗車するなど、収穫は沢山と感じたものでした。

KORAILストの影響で一般列車運休が相次いだ事と、東海南部線の電鉄運行開始が延期となり、同線の電車は釜田駅に留置されている姿を見るだけに留まってしまったのは少々残念と感じていますが、東海南部電鉄も次回の訪韓時には是非…と思っています。

http://blog.goo.ne.jp/makikyu

 

レンタル掲示板
/165