投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. お酒を飲む夢(3)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


しんせい文章訂正版

 投稿者:御節介教授メール  投稿日:2017年 8月15日(火)01時08分8秒
返信・引用
  今晩は千代田例会に参加しました。私がしんせいに投稿した文章”東京断酒新生会への誘いには、
夜の会に参加出来ない人達の為、昼間の、火曜日と金曜日のハートボックスに関する記載が漏れて
居たので、不足した記載を追加した、文章をお送りします。御節介教授 こと 水上雅永/豊島



お酒を止めたいと、お考えの、貴方へ、又、ご家族の皆様へ、東京断酒新生会へ誘い

東京断酒新生会とは、”酒の悩みからの回復したい本人や家族を応援する会”です。アルコール依存症は心の病気ですが、お酒を止めたいと思っている本人[又はご家族に現在の医学では、依存症を治す薬はありません。アルコールと反応し、気分が悪くなり、アルコールを飲めなくする薬[抗酒剤]は有りますが一時的な効果しか有りません。完全に依存症を治す薬物は有りませんが、効果的にお酒を止める方法は、自助グループ([分かち合いの会]と言う、集団治療の場)に参加する事です。

東京断酒新生会も、その様な集団治療の場です。断酒を目的に依存症者や其の家族が集まって、助け合って、酒の無い生活を続けるグループです。「お酒と向き合う、自分と向き合う」と言う理念に基づき、東京断酒新生会は、自分の酒害[自分はお酒を飲んではいけない病気に掛かって居る事]を認め、お酒を止めて、新しい人生を生きる人達の会です。アルコール依存症は、お酒を止め続ける事に依り、回復可能な病気です。東京断酒新生会は、お酒を止め続ける為の多くの活動を行っています。

どんな、強固な意志をおもちの方でも、一度お酒に捕われると自分一人の力だけでは、お酒を止め続ける事は出来ません。お酒を止めるには、同じ境遇にある人達と”お酒を止めよう”と言う同じ環境を、お互いに、共有し、自分たち依存症者達が、過去に、社会に対し、行って来た”非”の体験を反省しつつ、其の償いの為に、何をすべきと言う事を話し合い、互いに、分かち合う、為の集会の会です。

東京断酒新生会のは、酒を止めたい本人や家族であれば、誰でも参加出来ます。見学で有れば、、どの集会でも1回百円の参加費で参加できます。どこかの地域断酒会に所属したいので有れば、入会金と毎月の会費が必要です。金額に付いては、各地域断酒会により多少の差が有りますので都度、お問い合わせ下さい。通常集会は夜6:30から8:30の2時間ですが、一部、日曜日の午前中或いは昼から行われる集会も有ります。又、夜間の集会に参加出来ない人達の為には火曜日と金曜日の午後から行われる昼例会(ハートボックス)も有ります。

断酒会の創始者、大野徹氏夫妻は、熱心なキリスト教徒でした。奥様で居られた大野卓子さんは、初代白菊婦人会の会長でした。そして、卓子奥様が言って居られた名言の一つは”聖書の中で、イエスは群衆を無理やり船に乗せ、向こう岸に連れて行った”と言った言葉が有りました。酒飲みには、この様な、強いられた温情も必要です。強いられて断酒会に入会し、お酒が止められ感謝するでしょう。

特に家庭に於ける夫婦間には、家庭内の色々な諸問題を解決する上で、お互いのささやかな思いやりの心が大切です。断酒会は家庭内の平安を求める皆さんの手助けが出来ると確信して居ります。分かち合いの会を通して、集団治療が行われ、お酒を飲む事により、邪心領域に捕われた、皆さんの心は良心領域に帰還出来るでしょう。

お酒の問題で、お困りの方、何時でも断酒会本部ないし地域断酒会にご相談下さい。
東京断酒新生会、本部事務所 03-5624-0318 / http://www.tokyo-dansyu.or.jp/
文章作成 豊島断酒会 090-1843-1641 / Mail:aakg49@gmail.com

http://sites.google.com/site/masassight/

 

酒害相談研修会

 投稿者:近藤 品川断酒会  投稿日:2017年 7月 7日(金)19時12分17秒
返信・引用 編集済
  平成29年度

第1回酒害相談研修会

テーマ

①. 酒害相談研修講座の開催目的

②. アルコール依存症の全般知識


 日 時 :平成29年7月16日(日) 13:30~

 場 所 :江東総合区民センター

 講 師 : ①断酒会 酒害相談部部長 村中 正義
       ②NPO法人 ジャパンマック 代表理事 岡崎 直人


・今年度は8回を予定。その1回目です。
・アルコール依存症者、酒害相談に答えるとき理解しておくべき知識です。


担当:酒害相談部部長 村中正義

http://

 

山梨県上野原

 投稿者:近藤 品川断酒会  投稿日:2017年 6月16日(金)07時57分44秒
返信・引用
  明日、東京多摩断酒連合会が山梨県上野原で断酒会を発会します。


上野原例会は6/17日(土)発会式 13時~  於:上野原市役所文化ホール3階

詳しくは、東京多摩断酒連合会のWebで

http://www.tama-danshurengou.jpn.org/event/uenohara.html

http://www.tama-danshurengou.jpn.org/schedule.html
 

大平さんの問い合わせに対する回答

 投稿者:御節介教授メール  投稿日:2017年 2月10日(金)10時44分27秒
返信・引用
  未だ、私のsiteに繋がりませんか?
”御節介教授”或いは”masassight"で検索すれば、必ず繋がる筈です。
”御節介教授”は全て漢字で打ち込んで下さい、そして、”masassight"は
全て、英小文字で打ち込んで下さい。
宜しく。水上雅永。

http://sites.google.com/site/masassight/

 

水上会長のブログはどこ?

 投稿者:大平 一郎メール  投稿日:2017年 2月 2日(木)22時56分52秒
返信・引用
  御節介教授のブログ見つかりません?どこにあるの?  

第5回 酒害相談研修講座

 投稿者:近藤 品川断酒会  投稿日:2016年11月29日(火)18時07分7秒
返信・引用
  テーマ             定年アルコール依存症と高齢化問題

日時   :  平成29年1月9日月曜日・祝日    10:00

場所   :   江東区総合区民センター

講師   :   金杉クリニック院長  金杉  和夫

体験談  :  断酒会会員1名

◇  今年度は6回を予定。その5回目です。
 

豊島断酒会懇談会

 投稿者:ケイ(品川)@禁煙中  投稿日:2016年 9月20日(火)17時47分11秒
返信・引用
  誤記入の訂正とお詫びです。

今夜、9月20日の豊島断酒会の懇談会は、区民広場南大塚で開催されます。

東京断酒新生会のHPの日程表では区民ひろば駒込になっていますが、こちらの会場は10月に使うそうです。今夜は、開館もしていません。

訂正してお詫びいたします。
 

第2回 酒害相談研修講座

 投稿者:ケイ(品川)@禁煙中  投稿日:2016年 8月27日(土)17時55分21秒
返信・引用 編集済
  第2回 酒害相談研修講座

アルコール依存症からの回復と合併症


日時 :平成28年9月19日(月) 祝日

   13:30~
場所:江東区総合区民センター

講師 :うらべ医院 院長 


◆ 今年度は6回を予定。 その2回目。

◆ 断酒会会員、酒害相談員として理解しておくべき知識です。

◆ 平成28年度の酒害相談員の内容と日時に変更があった場合、幹事会でお知らせします。

◆ 断酒会会員、酒害相談員及び、家族の方々の多数の参加を要請します

                       担当: 酒害相談部部長 村中 正義


   
 

第1回 酒害相談研修講座

 投稿者:東京断酒新生会 近藤メール  投稿日:2016年 7月24日(日)14時15分7秒
返信・引用 編集済
  第1回 酒害相談研修講座

① 酒害相談研修講座の開催目的

② アルコール依存症について

日時 :平成28年8月21日(日)

    13:00開場 13:30開始予定

場所:江東区総合区民センター

講師 :① 東京断酒新生会 酒害相談部部長 村中 正義

    ② さくらの木クリニック院長 倉持 穣


 ◆ 今年度は6回を予定。 その1回目。

 ◆ 断酒会会員、酒害相談員として理解しておくべき知識です。

 ◆ 平成28年度の酒害相談員の内容と日時に変更があった場合、幹事会でお知らせします。

 ◆ 断酒会会員、酒害相談員及び、家族の方々の多数の参加を要請します

                        担当: 酒害相談部部長 村中 正義




    

http://tokyo-danshu.or.jp/

 

Re: 眞崎先生への伝言

 投稿者:眞崎  投稿日:2016年 6月19日(日)15時45分41秒
返信・引用
  > No.892[元記事へ]

御節介教授さんへのお返事です。

>此方はお節介妬きの水上です・先日、葛飾の会で先生のお顔を拝見でき、非常に懐かしい思いをしました。

しばらくこちらのサイトに来ておりませんでした。遅くなりましたが、メッセージ拝読、ありがとうございました。

>北海道地区の進展状況を教えて下さい。

教えてくださった運動には関与しておりません。また、私がどなたかを回復に導くなどとてもとても。そのような事実はございません。みなさまに断酒会等自助組織の実態等を教えていただくばかりです。

北海道では(他の地域でも)東京にご縁のある方に「東京の例会や懇談会に行ってみてくださいね」とお伝えしていますが、なかなかむずかしいようです(恥ずかしいとか、勇気が必要とか)。それでも転勤で東京に行かれた方はけっこういらっしゃるんですよ。そのような方がいらっしゃったらどうぞお声をかけて差し上げてください。

またお目にかかります。どうぞよろしくお願いいたします。

http://hdl.handle.net/2115/62148

 

/55