teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2010年11月20日(土)19時10分19秒
  通報
  2010.10.31(日)、川口駅近くの「川口リリア・メインホール」にて行われた「川口市民オーケストラ 第32回定期演奏会」を聴いてきました。聴衆の入りは1階席で7割程度でした。

さて、演奏された曲は以下です。

(1)シベリウス:組曲「カレリア」より「序曲」
(2)レスピーギ:「リュートのための古風な舞曲とアリアより」第3組曲
(3)レスピーギ:交響詩「ローマの松」
(4)ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
野崎知之指揮川口市民オーケストラ

(1)はもっと快活な演奏の方が好きです。

(2)は弦楽器だけの演奏で、眠くなって寝てしまいました。

(3) は第1楽章冒頭の鮮烈な音色が素晴らしかったです。また、第4楽章も壮大で良かったです。なお、ここでは、ピアノ、チェレスタ、オルガン、ドラ、パープ等、いずれも良かったです。第3楽章の鳥の声は録音を使ったようです。また、第4楽章では、金管楽器が2階の左端でも演奏しましたが、折角だったら、両端に分捕れば、ステレオ効果が楽しめたのですが。

(4)は本日、最も期待した曲だったのですが、残念ながら、トランペット等の金管楽器が絶不調で、それが曲全体の足を引っ張り、全体としては、極めて低調なできでした。その上、曲と曲の間が長過ぎて、ダレてしまいましたし。しかしながら、それでも、最後の曲のみ、テンポが遅くなって音楽が雄大になると共に、ドラ等の打楽器で盛り上がりました。

なお、本日はアンコールは無かったのですが、(4)がこのできでは仕方が無いと思います。

と言うことで、家ではこの音量と鮮烈さでは聴くことができない(3)が聴くことができて良かったと言ったところでしょうか。

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/117 《前のページ | 次のページ》
/117