teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


思うままに

 投稿者:a5.Seniorメール  投稿日:2010年 8月30日(月)18時58分50秒
  拙作「山野草咲く霧が峰」は、5人(?)それぞれの撮影・スケッチの内容です。編集は八王子&SESの2ヴァージョンあって、八王子例会には1名(Mr.T)を伏せて作成したものです。梅雨明けの積乱雲が印象的であったので空を数カット撮り、1カットのみ挿入しました。見れば判る単なる描写映像ですのでナレーションを割愛しました。
「スイス紀行6」結婚35周年の思い遣り溢れる記念作品して傑作だと思います。シルトホルンの展望台回転レストランのお二人の幸せそうな雰囲気がよく伝わりました。かってベルナーオーバラント3山を旅した記憶が蘇り懐かしく拝見しました。カットつなぎも良くロールテロップのテクニックも習得され表現力が向上していますね、私でしたら「シュタウプバッハの滝」の次に見物される滝にどうしても説明テロップ「トリュンメルバッハの滝」を入れたいです。遊歩道にドイツ語看板がありましたが、現地事情を知らない視聴者は察知が難しいと思われるからです。
「東京モノレール」多角的なカメラアングル、スピード感ある田中さんの車両映像は、他の追従を許さないでしょう。昭和島駅のポイント切り替え場面は、さすが専門家の目が活かされたカツトだと感心しました。
「勉強会」作品に関して面白い紹介方法だな思っています。
”勉強会は俺が指導してこの会が発展してきたのだ”が北澤氏の口癖ですが、かっての当事者として、事実関係をこの際お知らせしておきます。公民会館主催の最初の「ビデオ編集入門講座」がH12.10.14に開催され、編集方法は編集室に4セットあるデッキ(ビクター製)によるテープコピー操作のリニア編集のみで、後は専ら座学(撮影方法・カット繋ぎの考え方・8ミリ作品の鑑賞、等)であった。フイルム時代が終焉し、デジタルビデオの世代にもかかわらずノンリニア編集を教える人なし。そこで新人有志(6名程)でノンリニア編集勉強サークルを発足させ、道具はノートPCで約半年間、夜10時頃まで研鑽し続けていると多摩映像協会の会員になれとの勧誘により、その後の多摩映像協会主催勉強会のノンリニア編集の主流となったのです。
今日あるのは、新しい世代の会員の貢献であって、決して古い会員(長老!)個人の実績ではありません。
・・・思うままに私見を述べさして貰いました。
 
 

年季が入っているんですね

 投稿者:OhNo!メール  投稿日:2010年 8月30日(月)16時34分0秒
  最近、私はビデオカメラを持つと、つい“例会に出すビデオ”と構えてしまいますが、皆さんの作品を拝見していてチャン2さんが言われるように楽しんでいるのが、微笑ましく羨ましいですね。ホームビデオの原点を見る思いです。
中里さんの作品はタイトルどおり花々が綺麗ですね。高原と雲と花々を取り入れて清々しさが見る者に伝わってきます。斜めの高原に入道雲のシーンはいいですね。個人的にはカメラを引かない方が高原のインパクトは強く感じますが。それと山の名前が入りますが、これは入れなくともいいような気がします。とにかく山中間の楽しさが伝わってきます。
辻さんのアルプス紀行は、奥さんへの感謝の気持ちを表しながら、命の有り難さ、いま生きていることの嬉しさが表現されているようで、心打たれますね。決して贖罪の気持ちで行ったわけではないこともよく分かりました。
田中さんの勉強会はいつ頃の映像ですか?月一回、勉強会を開いていたとは知りませんでした。「AVCHD」が出現してノートPCでは結構厳しい状況になっていますから、時代の移り変わりは早いですね。エンディングシーンでノートPCの後ろにディスクトップPCが移っているのはそのような“時代の変遷”を表したのでしょうか。「東京モノレール」はさすがに田中さんの作品らしく綺麗にまとめられていますね。乗り物の楽しさが少年時代に戻ったようにワクワクとして拝見できます。作品はモノレールという乗り物に絞ったものですが「東京モノレール」というタイトルから一つの見方ですが、各駅の周辺の特徴や環境の変化なども取り入れて、都心のもつ特有の人工的で立体的、放物的な空間も描かれるのも面白いかな、と感じました。
 

皆さんそれぞれに

 投稿者:チャン2  投稿日:2010年 8月30日(月)07時37分29秒
  皆さんそれぞれに楽しんでいますね。
中里さんの「霧ケ峰」は所謂「行って来ましたビデオ」でしょうか?でもその中にキラッと光るカットがありますね。「入道雲」「夏空を背景にしたシシウドのアップ」「エンディングのカット」などさすがと思います。行ってきた本人の感想なりが入るともう少し面白くなるのかなと小生は思います。
辻さんの「スイス紀行」シュタウブバッハもトウリュンメルバッハも懐かしく拝見しました。ミューレンとシルトホルンはロープウエーの運休で行けませんでした。これも「行って来ましたビデオ」でしょうが、詩?が入っていたり、奥様への感謝が入っていたりで人間大好きの辻さんらしさがでていますね。ただ「あの時君は若かった」の対は「10年前の僕=59歳」よりは単純に「あの時僕も若かった」の方が小生は好きです。
田中さんの「東京モノレール」は意図を持って作った「作品」でしょうね。確かな構図はさすが田中さんならではですね。「ああそうなのか」と知らされることもたくさん入っていますが、旅に出る前の高揚感のようなものを入れられたらちょっと感動するのではないかと思います。
・・・と勝手な私見を書かせて貰いました。
 

8月例会作品他UPしました。

 投稿者:チャン2  投稿日:2010年 8月29日(日)10時35分34秒
  遅くなりましたが8月例会作品他をアップしました。田中さんのはどちらが例会作品か分からなかったので両方載せました。  

おっしゃるとおりに

 投稿者:M.Tsuji  投稿日:2010年 8月 5日(木)22時43分41秒
  おなご先生夏風邪とのこと、如何ですか?
おなご先生のそっくり物まね作品にお褒めのお言葉女性には大変失礼ですが「股の下がなんかおかしい」。
皆さんからこんな風にと言われれば即実行そのたんびに書き出しが増えている状態です、ラストシーンは先生の言う通りに作りました、静止画にしてそれを延ばしました。
 

魅入りました

 投稿者:おなご先生  投稿日:2010年 8月 3日(火)23時52分35秒
  辻さん、清水さん 遅ればせながらこんばんは。体調をくずしておりました。お二方の作品に励まされました。映像の美しさ・BGM・作品に籠められた想い…観る度に、感涙!”想い”は伝わります。伝えることが出来るのですね。それに皆様の温かい助言…素敵な仲間だなあ…とまた涙…   夏風邪&秘密 ほぼ回復いたしました。

辻作品 辻さんそのものですね -拍手- ”藤”映像は藤の魅力を余すところなく出せていると思います。BGMもいいですね。ですが、ご本人の遠くを見つめているシーンは本編の”藤”と馴染まないような気がします。私はとてもいいシーンだと思います。もっと長く観ていたいのです。リクエストしたいのですが、如何でしょう…思い切って最後のシーンにされては、本人映像は少し控え目に右寄りに…そこにゆっくりと、詩(句)が浮き出てくる…「明日いかに・・・ 命あり」  と

清水作品 ”悠久の里”を感じます。まさに映像とBGMとの”出逢い”ですね。嫉妬にも似た感覚を覚えます。お互いに美しさを引き立てて…花菖蒲がこんなにも美しかったのかと。 背景がいいですね。歴史的な地なのでしょうか、知りたい感もいたします。
 

とにかく見て!

 投稿者:  投稿日:2010年 8月 2日(月)22時43分56秒
  チャン2さん有難うございました。
後姿のフェードアウトも考えたのですがOhNOさんの意見では逝くに通じるとの事でしたのであえて真田作品を導入した訳です。
皆さんからご指摘いただきました悪いところ全てやり直ししました。
最後のシーンに「終」をカットしてあるのですがこれは「余韻」をと考えてあるのですが、
どんなもんでしょう?
 

改めまして

 投稿者:チャン2  投稿日:2010年 8月 2日(月)18時49分16秒
  「藤」も「花菖蒲」も良い作品に仕上がっていますね。
「藤」では1:20あたりの白藤の枝振り(ちょっと揺れがありますが)と2:04あたりの覆いかぶさるような白藤のカットがいいですね。エンディングに向けて暗くして行った方が自然だと言うのは皆さんと同じ意見です。蜂のカットの後ろのディゾルブ部にある揺れ等は既に気付いておられると思います。エンディングは後姿のカットをフェードアウトにしてその後に歌を繋げるやり方も面白いかなと思います。
「花菖蒲」1枚1枚のカットが丁寧に撮られていて素晴らしいです。特に、1:37の空に浮いた感じのアップとトンボのカット、3:05秒のアップなどぞくぞくっとしますね。何度も見て既に修正済みとは思いますが0:17~0:20の間はBGMが切れているようです。それとエンディングはテロップと一緒に映像もフェードアウトにした方が見やすいような気がします。
 と勝手な意見を書かせてもらいました。最終品を楽しみにしています。
 

思うままに・・

 投稿者:a5.Seniorメール  投稿日:2010年 8月 1日(日)18時29分58秒
  高橋さん、清水さん、辻さん、「会員制上映館」のんびり、楽しく、視聴させて頂きました。
何せ、押し付けがましい教条的な例会の雰囲気に辟易しておりますので、リラックスして無料で映像を楽しむことができるのが有り難いです。先ず高橋さんの労に感謝したい。
※清水さん「花菖蒲」:冒頭タイトルに一寸抵抗を感じました、黒背景と菖蒲園背景の2カットに連続表示されていましたが、タイトルバックは一つにしたほうが良いでしょう。
菖蒲園の全景から入るイントロといい、穏やかな和風風景に尺八のBGM、冴えています。
※辻さん「藤」:見栄えの良い水面に映る影のカット、工夫された撮り方、また、43~50秒の
映像はスピードを落として見せています、工夫された編集。急速に飛躍されていると感じました。a-5ミーティングで申し上げましたが、夕暮れに移る最終場面で、現れるご本人の回想画像が昼間のカットで時間経過上おかしいので修正されたほうがよいでしょう。
 

ご教授感謝

 投稿者:M.Tsuji  投稿日:2010年 8月 1日(日)00時07分29秒
  OhNOさん温かい助言有難うございます、A5で指摘していただきました、昼と夜の
整列、最後の2シーンをそれとなく夕方の雰囲気に、シーン毎の短縮も試みて見ました。
今度じっくりお目に掛けます。
 

レンタル掲示板
/4