teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:8/3053 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

靖国神社の小堀宮司の発言は不敬か?

 投稿者:憂國烈士  投稿日:2018年10月19日(金)17時35分24秒
  通報 返信・引用
  誰もが危惧していて疑問に思いながら口にしない事を小堀宮司は発言した。
天皇皇后両陛下と東宮ご一家の日々の御活動のご様子は、反日売国のオール
ドメディア(=マスゴミ)に寄り添うような感じのお振る舞いが目に付くと
感じるのは私だけでは無いでしょう…。

「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど、靖国神社は遠ざかっていく
んだよ」…まさしくその通りだと思います。靖国には親拝なさらず内外の戦
場に足を運び慰霊される。多くの戦没者が靖国でまた逢おうと戦友と笑い杯
を交わした陛下の赤子が祀られる靖国は眼中に無くなって久しい現在となれ
ば…当の靖国神社の宮司が「はっきり言えば、今上天皇は靖国神社を潰そう
としているんだよ」…そう嘆いた発言をされても仕方ない事だと感じてなら
ない。不敬と言えば確かに不敬であるが、少なくとも昭和天皇が開戦に反対
であったが…開戦の詔勅を発し…多くの帝國臣民が皇軍の兵士として召集さ
れて陛下の命で陛下と日本国の為に身命を賭して戦い散華した。その御霊が
靖国神社に祀られております。そして元もとは東京招魂社であった名称は、
明治12年に明治天皇の命名により靖国神社と名を改められました。当然、皇
室とは所縁のとても深い神社であった事は否定できません。戦後になり左翼
全盛のマスゴミが新たに反日売国の世論を形成し…昭和天皇の親拝は昭和50
年11月21日を最後に行われておらず、平成の御世となって今上天皇は親拝さ
れていない。今上陛下と来年には次期天皇になられる皇太子徳仁親王殿下が
靖国を親拝されたのは共に昭和44年が最後である。実に49年前…半世紀も前
の事です!!…唯一の救いは例大祭の勅使参向と内廷以外の皇族の参拝は今
でもあるとのことですが…3年前の平成27年の春季例大祭に彬子女王殿下と
瑶子女王殿下が参拝された以外は、薨去あそばされた故三・三笠宮崇仁親王
殿下や同じく故・三笠宮寛仁親王殿下が10年以上も前に参拝されておる限り
です。…キリスト教や創価学会に高じる皇室の方々もおられますが…先の大
戦で身内を失い外地で辛酸を舐めた臣民の末裔としては…宮司の言葉を複雑
な心境で聞き入りますが…英霊達は如何に嘆いておられるのか考えますね。

  憂國烈士


      

      
 
 
》記事一覧表示

新着順:8/3053 《前のページ | 次のページ》
/3053