teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


LAS

 投稿者:123456789  投稿日:2021年 6月18日(金)00時02分9秒
返信・引用
  シンエヴァを4回ほど観ましたが、結局駅のシーンが邪魔だと思う。あれをなくしてエヴァのない世界なのか第3村なのか分かりませんが、そこでのアスカとの再会をして欲しかった。
他のキャラは嫌いではないのですがシンジもアスカもあんなにお互いの事を想いながらも苦しんだからこそ幸せに結ばれて欲しかったのに…
あんな終わり方したからknasとかボッチとかに言われるし、人によってアフターシンが違って話が噛み合わないですし…エンタメとはなんだったのか?
人によって推しキャラやCPが違うのも分かりますし、エヴァの面白さも違いますが、私は旧劇のあの美しくも儚く、共依存でも前へと進もうするシンジとアスカの姿が好きだったから今回は2人が前へと進み結ばれて幸せになるEDを期待したのに…BADENDすぎるもしくは未完成の作品と思う。
本当にエヴァを卒業したのは庵野だけだと思う。古くからのファンを蔑ろにしたとしか思えない。

 
 

特典目的で重い腰をあげました

 投稿者:結局LAS好き  投稿日:2021年 6月17日(木)23時24分58秒
返信・引用
  噂の薄い本目当てにようやくシンエヴァ2回目行ってきました。変更点は正直よくわかりませんでしたwどこが変わってたって指摘できる人はすごいですよね。
久しぶりに見るとまた色々気づけてそれはそれでよかったです。

薄い本の内容的にはLAS派としては満足行く出来でしたね。
あの短いページ数でアスカとマリの感情を割とはっきり書いてくれててよかったです。
アスカ→シンジへの感情もですけど、マリがどういう意識でいたのかとか、あとはケンスケとアスカに恋愛関係はなかったって理解できるセリフもありましたしw
それを踏まえて2度目の鑑賞をすると割と印象変わるんじゃないかなと。

自分は薄い本の巻末のイラストやら漫画を見た後だとマリの印象が恋人とか母親ってより不器用な女の子と男の子をひやかしつつも後押しする近所のお姉さん役だこれ!ってなりましたw
LAS派の人は貰っといて損はないんじゃないかな?
もっかい観るにはちょっと上映時間長めですけどねw
 

Re: まーけいさん、おめでとうございます。

 投稿者:まーけい(パブロフのお餅)  投稿日:2021年 6月15日(火)21時16分26秒
返信・引用
  あぐおさんへのお返事です。

 あぐおさん、ありがとうございます!

> LAS 紹介動画でまーけいさんの作品が紹介されましたね。拝読しました。
 自分の作ったものが誰かに紹介されるなんて初めての経験でして、ただただ驚いております...

> 二人のじれったい距離感が素敵でした。
> あまりのじれったさに「シンジ君、出撃命令よ!」と言いたくなりました。
 ありがとうございます!ご感想は多分『雨、依存に寄生す』についてかと捉えていますが、じれったく楽しんで頂けたようで幸いです!
 

追加特典の薄い本

 投稿者:名無し  投稿日:2021年 6月14日(月)16時40分31秒
返信・引用
  この機会に2回目のシンエヴァ行ってきましたが、
公式の薄い本を見て、Q冒頭を見直すともう…
あのテープで補修したプラグスーツの意味とか、なんとかしなさいよバカシンジとか、そのあとじっと初号機を見ているとことか…
あとシンエヴァのお弁当の件とか、、
LAS好きの人には、これだけでまた観に行く意味があると思いますので是非!
 

まーけいさん、おめでとうございます。

 投稿者:あぐお  投稿日:2021年 6月14日(月)08時56分45秒
返信・引用
  LAS 紹介動画でまーけいさんの作品が紹介されましたね。拝読しました。
二人のじれったい距離感が素敵でした。
あまりのじれったさに「シンジ君、出撃命令よ!」と言いたくなりました。
 

(無題)

 投稿者: あおい  投稿日:2021年 6月14日(月)02時04分0秒
返信・引用
  若い方からすればエヴァも幾多あるアニメの一つに過ぎないのでしょうが、永く追いかけ続けてきたファンとしてはそう簡単に頭を切り替えられるものでは無いのですよ。個々人の熟成した想いの積み重ねが有りますからね。ただエヴァンゲリオンは公式見解にもある通り、ファンとの二人三脚で発展してきたコンテンツであるとすれば、究極的には公式の物語も一つの解釈に過ぎないと捉える事も可能であるだろうと考えます。少なくとも私にとっては三只様やあぐお様やでら様のようにシンジやアスカへの愛に溢れた方の物語の方が「公式」であると思えますし、そのようにして今後も誰かの為の
「公式」を様々な作家の方々が紡いでゆくのではないでしょうか。
 

(無題)

 投稿者:結局LAS好き  投稿日:2021年 6月13日(日)23時37分48秒
返信・引用
  シンエヴァの終わり方に関してはもっとひどいのを覚悟してたのでちゃんと終わっただけまだよかったかなと。正直また旧劇みたいにぶん投げENDやるんじゃないかと思ってたのでw

内容に関してはなんかすっきりしないというかもやもやしてたんですが、皆さんのSSやら感想やら見ててようやくわかったというか、シンジがアスカを送り出すときにアスカの意思を無視してるところがモヤってたんだなとw自分ここで消えるからあとよろしく!みたいに強制射出してるように見えてたというかw
あとは登場人物皆やたらと悟ってたというか感情がないように思えたんですよね。
旧劇であれだけ死ぬのは嫌!って生に固執してたアスカがあっさり命捨てる選択したり、ミサトが特攻するのを多少葛藤しただけであっさり納得するリツコその他とか、シンジも落とし前つけるわってサクッと命捨てようとするし…
君たちそんな諦め早かったか?昔はもっとあがいてたでしょ?とw

そもそもそれしかなかったとはいえなんでシンジが全部やらなきゃいけなかったのかなとwちゃんと説明してなかった上層部の責任だろとやっぱり思ってしまうわけで。なんというか風呂敷畳むためにシンジやらアスカやらが都合で動かされていたように見えたんですよね。
ブルーレイでそこらへんは自然に見えるように修正されたりするんですかね?w

まあ、一応シンで終わったものの、某機動戦士も髭のアイツが過去未来全ての作品を内包した行き着く先の作品だったのが割と最近その後の世界っていう作品が生まれたわけですし、エヴァも案外次があるかもしれませんよね?そっちに期待したいなとw
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2021年 6月13日(日)02時37分42秒
返信・引用
  シンジにとってアスカは現実の象徴として描かれていて、EOEの冒頭で彼はアスカ(現実)から眼を反らし快楽に逃避します。
その後ミサトによって生きる希望を与えられた彼はミサトの言う「誰かの為ではなく貴方自身の為に」の言葉通り、主人公として世界を救うのでは無く碇シンジとして自分を救うために再度現実(アスカ)と向き合う選択をしたのです。つまり最後にこの二人が残ったのは偶然ではなくシンジ自身が彼女を選びとった必然です。
たまたまこの二人が残ったのだからそれが王道というような単純なお話ではありませんよ。
 

(無題)

 投稿者:あぐお  投稿日:2021年 6月11日(金)07時55分29秒
返信・引用
  カップリングとして考えるとマリがシンジに惹かれたきっかけがまるで思い当たらない。
シンジが前を向いたときに「こいつなら手を貸してやろう」くらいの気持ちにしか感じられないんですよね。
多分カップリングというより、母親代わりなのかな?
アスカ×シンジが王道なのは、共通点が多くかつ、互いに補えるものも持ち合わせているからでしょうね。
 

便利な言葉過ぎました

 投稿者:昔から読んでます♪  投稿日:2021年 6月11日(金)06時01分7秒
返信・引用
  おはようございます。

カップリング視点から見た場合、旧劇の流れが王道になるのかな…
残ったのがシンジとアスカなんでね。

新劇場版の場合、破から新たな物語へと進んだので、旧来からあるカップリング視点では見ていませんでした。
ただ、式波アスカも唯一、異性として意識してたのがシンジ。
違いは、惣流アスカより思考が大人だったって所でしょうか…

ラストのマリエンドですが、本編内セリフでの

「ガキに必要なのは彼女じゃない、母親なのよ」

ここから思うに、彼女ではなく比重としては母親扱いだったのかなぁ…
しかし、ホームでの会話は彼女のそれにしか見えんし(´д`|||)

王道の流れを汲むなら、反対ホームへ迎えに行って欲しかったな…
個人的な考えはこんな感じです。

長々と失礼しましたm(__)m
 

レンタル掲示板
/69