teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ぽろりっ(1)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:あぐお  投稿日:2021年 6月11日(金)07時55分29秒
返信・引用
  カップリングとして考えるとマリがシンジに惹かれたきっかけがまるで思い当たらない。
シンジが前を向いたときに「こいつなら手を貸してやろう」くらいの気持ちにしか感じられないんですよね。
多分カップリングというより、母親代わりなのかな?
アスカ×シンジが王道なのは、共通点が多くかつ、互いに補えるものも持ち合わせているからでしょうね。
 
 

便利な言葉過ぎました

 投稿者:昔から読んでます♪  投稿日:2021年 6月11日(金)06時01分7秒
返信・引用
  おはようございます。

カップリング視点から見た場合、旧劇の流れが王道になるのかな…
残ったのがシンジとアスカなんでね。

新劇場版の場合、破から新たな物語へと進んだので、旧来からあるカップリング視点では見ていませんでした。
ただ、式波アスカも唯一、異性として意識してたのがシンジ。
違いは、惣流アスカより思考が大人だったって所でしょうか…

ラストのマリエンドですが、本編内セリフでの

「ガキに必要なのは彼女じゃない、母親なのよ」

ここから思うに、彼女ではなく比重としては母親扱いだったのかなぁ…
しかし、ホームでの会話は彼女のそれにしか見えんし(´д`|||)

王道の流れを汲むなら、反対ホームへ迎えに行って欲しかったな…
個人的な考えはこんな感じです。

長々と失礼しましたm(__)m
 

(無題)

 投稿者:てら  投稿日:2021年 6月11日(金)00時56分48秒
返信・引用
  賛否両論というのも便利な言葉ですが、少なくとも私を含め周囲で納得している人はいませんでしたね。
まあ、次の完全版でのフォロー次第で評価も変わるかも知れませんが。
 

(無題)

 投稿者:昔から読んでます♪  投稿日:2021年 6月11日(金)00時38分8秒
返信・引用
  連投失礼しますm(__)m

今も更新があるサイトって貴重です。
あぐおさんの作品、もちろん全て読んでます。

新劇場版のラストは賛否両論あろうかと思います。
個人的には色々切り込み出来る最後であったかなぁと。
夜中に失礼しました。
 

(無題)

 投稿者:昔から読んでます♪  投稿日:2021年 6月10日(木)22時39分43秒
返信・引用
  こんばんわ。
三尺さんの作品、今も昔もクオリティ高い
某サイト閉鎖で読めなくなったのSSが…また読みたい(-.-)
 

(無題)

 投稿者:おやす  投稿日:2021年 6月 8日(火)22時10分54秒
返信・引用
  あれですね、三只さんの作品もそうなんですけど
皆が求めて居たのはやっぱり旧劇の続きなんだと思います
地獄を乗り越えて真に人として成長した二人が過去を笑い飛ばせるくらい
明るく幸せに生きていく姿が見られれば良かった
公開前の映像で旧劇と繋がるのはなんとなく想像できたので彼らが
逞しくお互いを補完し合って生きている姿が見れるのかと
実際は全く検討違いのものでしたが
自分はまだ24の若造ですがハッキリ言ってシンエヴァは全く面白くもなかったです
古参の方や学生さんはどう思うのか分かりませんが
ようやくTwitterでもまとめサイトでも批判の声が出てきました
やはり多くの方が望む結末ではなかったかと…
劇場で真のLASが見たかったですね…
あぐおさん、三只さん素晴らしい作品ありがとうございました
 

掲載ありがとうございました

 投稿者:三只  投稿日:2021年 6月 6日(日)21時02分54秒
返信・引用
  このたびは、拙作の掲載ありがとうございました。
そして読んでくださった方に厚く御礼申し上げます。

>怪作さん
忙しい中、掲載して頂きありがとうございました。
本当に怪作さんがいなければ今のわたしはいなかったことでしょう。
わたしは貴方の最高傑作…というネタは流石に不謹慎なので止めます(笑)
コロナが落ち着いたらリアルで飲みに行きたいですね。

>あぐおさん
読んで頂いてありがとうございます。
シリアスもコメディも、本当に自分で好き勝手に書いたつもりなので特にどっちを意識したというつもりはなかったりします。
とにかく、書き続けるということが大事だと思いますので、あぐおさんの今後の精力的な活動も応援させせて頂きます。

>まーけいさん
読んで頂いてありがとうございます。
マリの弟に関しては、正直何も考えていないというか、Lady And Skyの続編自体は全く未定です。でも、それとは別にアダルトな作品も書こうかなーって考えてはいます。
プライベートが忙しくて執筆もままならないのですが、また拙作を目にする機会があれば読んで下さい。

>おやすさん
読んで頂きありがとうございます。
ここにきて、とはまさしくシンエヴァもLASとしての決着を見せてくれなかったことに対する不満だったりします。かといってLASエンドだったら、もっとダダ甘いSSを書きまくっていた自信があります(笑)

>あおいさん
読んで頂きありがとうございます。
ことエヴァという作品においては、子供という存在が比較的受け入れやすいと思います。
ですので、以前からシンジとアスカの子供というネタで、二人の確かで幸せな関係を模索し続けていました。
実際に自分も親となる年齢に達したこともあり、あおいさんのような感慨もひとしおです。
そして、このような話は何度も繰り返して読んでも、良いものだと思っています。

>らくださん
読んで頂きありがとうございます。

ああ、言われてみれば、エヴァ本編の開始は2015年でしたよね。
書いていてなんか違和感を覚えつつも、そこに至らなかったわたしも齢を取りました…。
怪作さんに直してというのはお手数なので、ここは脳内修正、もしくは見なかったふりでお願いします(笑)
 

(無題)

 投稿者:らくだ  投稿日:2021年 6月 6日(日)20時15分47秒
返信・引用
  シンジ君、20歳の誕生日おめでとう!

>三只様
些細な事ですが、冒頭は2023年になるのではないでしょうか?
 

甘き幸せよ来たれ

 投稿者:あおい  投稿日:2021年 6月 3日(木)15時32分35秒
返信・引用
  三只様の新作を読ませて頂きました。
二人は愛憎の果て、幸せを手に入れたのですね。
一塊に補完されることを拒み他者を認め合った上での密接な関係ーそして
その二人を繋ぐ結晶としての子宝がいるのですから、それが崩れることは決して無いでしょう。
親の愛情を知らずに育った二人だからこそ、その大切さを知っているのだから。
私が観たかった結末はまさにこういうものでした・・・。
初めてEOEを視聴してからもう四半世紀近く立ちますが、自身の中に堆積していた言葉にならない想いが結実した気がします。本当に有り難う。
 

(無題)

 投稿者:おやす  投稿日:2021年 5月31日(月)20時57分4秒
返信・引用
  ここにきて続編投稿はすごいですね
少しだけLAS界隈の再熱と新作が見れて嬉しい
 

レンタル掲示板
/68