teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:86/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2007年 9月29日(土)19時28分55秒
  通報
  2007. 9. 9(日)、池袋駅前の「東京芸術劇場・大ホール」で行われた「第18回 としま区民芸術祭 豊島区管弦楽団演奏会」に行ってきました。

聴衆の入りは1階でほぼ満席と盛況でした。この大ホールですが、以前は舞台奥上部に金色のオルガンが見え、それがホールに豪華な感じを与えていたのですが、何とその前に反射板らしいものが取り付けられ、オルガンは全く見えなくなり、ひどく貧相な感じになってしまいました。こんなことを考えたバカは懲戒免職にすべきですね。さて、演奏された曲は以下です。

(1)ジョン・ウィルアムズ:「ハリー・ポッターと賢者の石」組曲
(2)吉松隆:コンガラガリアン狂詩曲
(3)伊福部昭:SF交響ファンタジー第1番
(4)メンデルスゾーン:劇付随音楽「真夏の夜の夢」より8曲
(5)メンデルスゾーン:無言歌
 川本統脩指揮豊島区O.、伊藤真矢子(S)、南裕嘉(MS)、8名の女声合唱団

(1)や(3)はどうでもよい曲ですが、(2)はクラシック音楽の有名な旋律をつなぎ合わせた接続曲で、知っているメロディばかりで、聴いていて楽しかったです。

(4)は有名な序曲やスケルツオのほか、女声合唱や独唱を伴った「まだら模様のお蛇さん」や「情景と終曲」が演奏され、特に後者が素晴らしかったです。この手の曲は、普段のコンサートではオーケストラだけで聴くことが多いので、こういうことはうれしいです。後、良かったのは結婚行進曲でした。

(5)は勿論、アンコール曲で、ピアノ曲を編曲したものでした。

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
 
 
》記事一覧表示

新着順:86/117 《前のページ | 次のページ》
/117