teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:76/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2008年 1月30日(水)19時31分13秒
  通報
  2008. 1.27(日)、地下鉄「勝どき駅」近くの「トリトンスクエア」内の「第一生命ホール」で行われた”オーケストラ「☆の王子さま」 第25回定期演奏会”に行ってきました。ここは、このトリトンスクエアは年末の「ベートーベン:交響曲第9番」のロビーコンサートの時に来ましたが、このホール自体は2年ぶり以上だと思います。と言うのは、ここでは結構聴きたいコンサートが開かれているのですが、家から遠いので、敬遠しているからです。

私にとっては、コンサートは上野の「東京文化会館」あたりで行われるのが一番好きです。このホールは室内楽に適する大きさなのですが、本日の聴衆の入りは座席の9割強と、盛況でした。さて、演奏された曲は以下です。

(1)ベートーベン:バレエ音楽「プロメテウスの創造物」序曲
 成島光洋指揮オーケストラ「☆の王子さま」

(2)ベートーベン:交響曲第2番
 渡辺一騎指揮オーケストラ「☆の王子さま」

(3)チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割人形」ハイライト
 川本篤史指揮オーケストラ「☆の王子さま」、エーデルワイス児童

私はベートーベンの初期の曲はいいとは思わないのですが、やはり、ハイドンとベートーベンとの間のエピソードにある通り、(1)はつまらない曲だと思います。せめて、バレエでも入ったら、別とは思うのですが。

(2) の演奏自体は低音が豊かで、スレールが大きなものでした。これで、曲がもっと良ければよかったのですが。こういうのを聴くと、ベートーベンはこの次の第3番になって、ようやく一流の作曲家になったことがわかります。もし、若死にしていたら、間違いなく二流の作曲家だったでしょうね。

(3) は名演でした!! バレエ曲とは思えないような雄大さを基本とし、その中で色彩感が豊かで、リズム感もよく、ちょっと聞いた限りでは、バレエ曲ではなく、交響曲を聴いているのではと思わせるほど、充実した演奏でした。私はバレエ曲の演奏の場合、バレエも観れたらと思うことがほとんどですが、久しぶりにそう思わせない程、素晴らしい演奏でした。なお、アンコール曲もこの「くるみ割り人形」からの曲で、こちらも良かったです。なお、この曲に児童合唱が入っているのは、初めて聴きました。

本日は、ベートーベンの2曲は曲のせいもあって良いとは思いませんでしたが、この「くるみ割り人形」聴けたので、大満足です。

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
 
 
》記事一覧表示

新着順:76/117 《前のページ | 次のページ》
/117