teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:75/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2008年 2月11日(月)19時15分11秒
  通報
  2008. 2.10(日)、池袋駅近くの「東京芸術劇場・大ホール」で行われた「豊島区管弦楽団 第65回定期演奏会」を聴いて来ました。

このコンサート、文字どおりオーケストラによるものなのですが、開演前の25分程の間に、パイプオルガンによるプレコンサートが開かれ、以下が演奏されました。

(1)J.S.バッハ:目覚めよ、と呼ぶ声が聞こえ
(2)J.S.バッハ:トッカータとフーガ ニ短調
(3)J.S.バッハ:主よ、人の望みの喜びよ
(4)マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
 佐々木寧子(org)

バッハがメインと言うのに、なぜか、いずれも、表面の褐色と金色のオルガンではなく、裏面の白と銀色の「近代オルガン」で弾かれました。(1)~(3)は、いずれも深みはなかったのですが、暖かい感じの演奏でした。(4)はアンコール曲でしたが、この曲はやはりオルガンで聴くより、オーケストラで聴きたいですね。

本日の聴衆の入りは1階2階は座席の9割以上が埋まると言う盛況でした。さて、オーケストラが演奏した曲は以下です。

(5)バルトーク:弦楽のためのディベルティメント
(6)バルトーク:舞踏組曲
(7)ニールセン:交響曲第4番「不滅」
(8)マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
 川本統脩指揮豊島区管弦楽団

(5)(6)は私は音楽とは思っていないのと、本日は結構、歩いて疲れたので、眠ってしまいました(笑)。やはり、この手の非音楽的な曲は聴きたくないですね。

(7) は本日、最も期待していた曲だったのですが、その前に非音楽的な曲を演奏していたせいでしょうか、全体に冴えない感じでした。この曲、以前にコンサートで聴いた時はもっと良かったと思いますし、私が持っている録音(カラヤン指揮ベルリンpo.)でも、もっと良かったと思うのですが。しかしながら、本日は珍しくも2階席に座ったので、この曲には2台のティンパニイが必要だったことを知り、最後の方で、この2台による掛け合いが行われ、その部分は素晴らしいと思いました。

(8)はアンコール曲で、オルガン独奏の時と同じ曲でした(と言うか、わざわざこの曲をオルガン奏者の方が選んだのだと思いますが)。しかしながら、この演奏もあまり調子が良くなく、良い演奏とはとても言えないものでした。

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
 
 
》記事一覧表示

新着順:75/117 《前のページ | 次のページ》
/117