teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:59/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2008年10月23日(木)19時14分14秒
  通報
  2008.10.19(日)、錦糸町駅近くの「すみだトリフォニー 大ホール」にて、「OB交響楽団 第170回定期演奏会」を聴いてきました。

13:30開演と結構、早い時刻のコンサートのせいもあるでしょうが、観客は少な目で、1階席で座席の6割強と言ったところでしょうか。演奏された曲は以下です。

(1)J.シュトラウス2:喜歌劇「こうもり」序曲
(2)レーガー:モーツアルトの主題による変奏曲とフーガ
(3)シューマン:交響曲第3番
(4)J.シュトラウス2:円舞曲「芸術家の生涯」
 松岡究指揮OB交響楽団

(1)は全体的に冴えない楽しめない演奏でした。やはり、この曲はワクワクした感じで聴きたいです。

(2) ですが、確かレーガーって、ドイツの作曲家で、時々、演奏されるのは現在ではこの「モーツアルトの主題による変奏曲とフーガ」位しかないと思います。しかしながら、モーツアルトの主題(ピアノソナタ第11番第1楽章の旋律)はともかくとして、それを変奏したりフーガとした部分は、全くどうしようもない曲ですね。

(3)は第4楽章の金管楽器を中心とした演奏が荘厳で、何だか、ドイツの大聖堂を思い出させるような感じで感動的でした。本日の最も良かったと思います。この部分だけでも、本日、来た甲斐がありました。そして、その好調さは最終楽章の第5楽章まで続きました。

(4)は勿論、アンコール曲で、同じシュトラウスでも、やはり、アンコールの方が良かったです。

その後は、西方向に進み、御徒町駅まで歩いて、終了としました。

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
 
 
》記事一覧表示

新着順:59/117 《前のページ | 次のページ》
/117