teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:54/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2009年 1月20日(火)17時53分23秒
  通報
  2009. 1.18(日)、西武線「練馬駅」近くの「練馬文化センター大ホール」にて、”オーケストラ「☆の王子さま」第27回定期演奏会”を聴いて来ました。

聴衆の入りは1階席で座席の9割程度と盛況でした。なお、開演の前に、ロビーにて、管楽グループと弦楽四重奏団によるプレコンサートがありました。さて、本番で演奏された曲は以下です。

(1)メンデルスゾーン:ハルモニームジーク(弦楽合奏)のための序曲
 井上雅志指揮オーケストラ「☆の王子さま」

(2)レスピーギ:リュートのための古い舞曲とアリア 第3組曲
(3)ブラームス:交響曲第2番
(4)ブラームス:ハンガリー舞曲第6番
(5)ブラームス:ワルツ変イ長調op.39-15
 川本篤史指揮オーケストラ「☆の王子さま」

(1)は初めて聴いた曲だと思いますが、ものすごい駄作なので、いくら楽員が頑張ってもどうしようもない感じでした。このような曲を選んだことが敗因だと思います。

(2) も有名な曲であることは知っていますが、やはり、駄曲だと思いました。トスカニーニはレスピーギが望んでいたのに、その一部の曲しか初演や演奏をしなかったそうですが、その理由がよくわかりました。やはり、レスピーギの曲は「ローマ三部作」のみで十分と言う感じがします。

(3)の第1楽章は金管の吹き損ないが目立ち、それに足を引っ張られて全体的に冴えない演奏でした。第2・3楽章は金管の吹き損ないこそ目立ちませんでしたが、第1楽章の冴えない気分が続き、第4楽章の終わりになってようやく盛り上がりました。

(4)はアンコール曲で、リズムがはずみ、音楽が躍動している素晴らしい演奏で、本日の随一の曲と演奏でした。パーカッションも大活躍でした。

(5)もアンコール曲ですが、原曲の四手によるピアノ曲を弦を主体とした編曲したもので、(4)で全力を出しきってしまったのか、全体的に冴えない感じでした。

と言うことで、本日は(4)が聴けたから「吉」とすべきだと思います。

matsumo(http://homepage3.nifty.com/matsumo2/
 
 
》記事一覧表示

新着順:54/117 《前のページ | 次のページ》
/117