teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:31/117 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

コンサートの感想

 投稿者:matsumo  投稿日:2009年12月25日(金)17時27分58秒
  通報
  2009.12.23(水)、上野駅近くの「東京文化会館・大ホール」で行われた「都民交響楽団 2009年特別演奏会」に行ってきました。本日はほぼ快晴の暖かい日にもかかわらず、聴衆の入りは座席の95%程と盛況でした。さて、演奏された曲は以下です。

(1)スメタナ:交響詩「ボヘミアの森と草原から」
(2)シマノフスキ:バイオリン協奏曲第2番
(3)シベリウス:交響曲第2番
(4)シベリウス:悲しきワルツ
橘直貴指揮都民交響楽団、豊嶋靖嗣(vn)

(1)は冒頭の金管が素晴らしく、それがずうっと持続しました。私は交響詩「わが祖国」の中では、交響詩「モルダウ」以外はほとんど聴きませんが、この曲がこれ程素晴らしいとは思ってもみませんでした。

(2)はピアノや大太鼓まで加わった編成での演奏でしたが、私は多分、聴くのは初めてだと思います。結論としては、わざわざ聴く必要は全く無い曲だと思います。

(3)は低音を十分に鳴らした雄大な演奏で、特に第1楽章が素晴らしかったです。ただし、盛り上がりを期待した第4楽章は、もっと良い演奏ができるのではと思いました。

(4)は勿論、アンコール曲で、(3)で金管楽器が大活躍したので、弦が主体のこの曲が選ばれたのだと思います。こちらも中々、良かったです。

それにしても、やはり、都民交響楽団はアマチュア・オーケストラの中では、1、2を争う楽団だと再認識しました。

http://homepage3.nifty.com/matsumo2/

 
 
》記事一覧表示

新着順:31/117 《前のページ | 次のページ》
/117